Img_c97ccb65a455fa10c36677b2cae50dff

8月に入り、栞日の「本と食」展もはじまりました。
わたしは読書をする神様と、器を展示させてもらっています。
先月で終わったガルガの「山と雷鳥」展の芳名帳を眺めながら
山好き雷鳥好きの多さに、改めておどろきました。
ガルガ山への登頂ありがとうございました。
山はきっと涼しいでしょうが、松本は盆地なのでなかなかの暑さです。
この夏は唯一ある家の扇風機に「クーラー」という名前をつけてみました。
「クーラーつけて」
「クーラーの首まわして」
名前がかわっただけであら不思議。体感温度が3℃はさがったみたい?
展示の様子を取材してくれた松本経済新聞の記事はこちら (Click!) 
栞日のホームページはこちらまで (Click!) 
Img_8163f5dd851da26afe7a314122119075
Img_afdc444fbe7531e0ca6189fcfaef62a1
Img_389c4d5776d3d37ac4768f636d5a507a
Img_1cdb5dc63a74d23bea60a24e31c4a205

暑い暑い一日、徳島のものみゆさんと松本のpompom
とのコラボワークショップがありました。
場所は松本の城山公園。
暑くて溶けちゃいそうな日が続いていたので心配でしたが
木陰は思いのほか涼しく、時よりすーっと吹く風は
気持ちよかったです。
はるばる徳島や福岡からきてくれたものみゆさん、松本をはじめ上田や
長野や岡谷からきてくれたお客さん、ありがとうございました。
pompomのメンバーもがんばったよね。
夏らしい一日になりました。(食べ物の写真ばかりとってしまった)
タビシロでの展示は終わりましたが、8月2日からは場所を栞日にかえ
テーマを「本と食」にした展示がはじまります。
徳島のおいしいものもまた並ぶ予定ですよ。
楽しみにいらしてください。



Img_c2e6453031966b620de9b6a5a2c1e625

「旅と食」をテーマにしたpompomと徳島のものみゆさんの展示
始まりました。
徳島から送られてきたおいしいものも、ありますよ。
おしゃれなゲストハウスtabi-shiroに足を運べるまたとないチャンスです。
私のお店番は18日の水曜日。

7月22日(日)のピクニックワークショップも募集中!
夏の思い出にどうですか?

7月22日(日)
10:00ゲストハウスtabi-shiro集合、15:00頃解散
城山公園までお散歩、木陰でivory+(安藤由紀)による木のコースター作りワークショップとようさん工房(百瀬陽子)によるロープポシェット作りワークショップを楽しんだら、お昼ご飯にはtotto79が徳島の食材を使ってつくった具材を自家製酵母パンAttaのパンに乗せて食べましょう!食後は、za temboが焙煎した珈琲豆で水出し珈琲をいただいたり、木陰でお昼寝、遊び道具を持参して遊んだり、松本のおいしいものを徳島メンバーに紹介したり、おもいおもいに楽しみましょう。
参加費:3500円(お土産に徳島のスダチつき)
持ち物:皿・カップ・スプーン・フォーク・はし
要予約(締め切り7月20日、20日以降のキャンセルはキャンセル料あり)
予約先:yo-sun@i.softbank.jp

雨天時はtabi-shiroで行います。
どうぞよろしくお願いします。

Img_a091f88488ee4da760ba72971e27d8ac

毎月恒例、こーさんのうちの朝市に出店します。
7月7日(土) 9時30分~14時頃まで
場所:こーさんのうち&青島公民館(こーさんのうち南隣)
7月のテーマは「七夕」
七夕といえば織姫と彦星。
カップル(ご夫婦、父娘でも)で来ていただいた方たちにはカレーパン1個プレゼント!
七夕といえばそうめん。
7月の朝ごはんは田舎の人気の朝ごはん
魚のココナッツミルクカレーの冷し麺と
七夕まんじゅうになぞらえたカンボジアの揚まんじゅうもでるそうです。
 (Click!) 
今回は「金井商店」としての参加です。
父のいとこのやっちゃん亡き後、週2日だけ私が開けている金井商店。
朝市には、商店に置いてあるタイで買いつけてきた物
オリジナルTシャツなどを持っていきます。
臨時休業もあったり、たまに昼寝中の金井商店ですが
梓川方面にきた時には遊びにいらしてください。
Img_fd92a89c176619fb8b93d2651fcda86d
Img_846bf7a079831eb3cc11b92cb316e40a
Img_dfa84482cdbc62c80c804b7b9b4a99de
Img_5b00e958a5a6c475737d28a79edaf96f

久しぶりに東小金井に引っ越した母の実家に行ってきました。
目的はとてもお世話になった国立のギャラリーゆりの木が21年の
年月を経て、6月28日で閉店とのことであいさつをしに。
還暦をむかえる山好きのオーナーが、体力に余力を残した状態で
お店を閉じたいということでしたが、その日もゆりの木閉店を惜しむお客さんがきていました。
大好きな柿谷ベーグルがこの日は定休日で、とっても残念。次の日はせっかく東京まできたのだからと柚木沙弥郎の展示を見に日本民藝館へ。
民藝館があんなに混んでいるのははじめてでした。

写真は母の実家にあったいとこの奥さん靖子さんが持っていた箱。
福岡出身の靖子さんのおばあちゃんが上田の農民美術で有名な
山本鼎の奥さん(北原白秋の妹)と親友という縁で、持っていた物でした。
木彫りのお人形や壁掛けは見たことがあったけど、こういう作品は珍しいんじゃ
ないかな?
ロベールクートラスもびっくり!
ぐぐっときた作品でした。

それから、この前ブログでお知らせしたワークショップ2の
村上製本の製本教室。詳しくご案内する間もなく店員満員御礼に
なったそうです。いつもスロースピードの告知で申し訳ありません。
私が時代についていけていないので、時代が私についてきてほしい。
水面下で進行しているワークショップ3のpompomの告知はちゃんとしますね。
ゆりの木の情報はこちらまで (Click!) 


Img_f7e7d35c5c5b3ec59da2d73bfafdac91

これから関わるワークショップのお知らせです。

1・けものみち蕎麦の会. 6月17日(日)木曽粗義仲ノ越分館 
  獣Tシャツをシルクスクリーンで作ります。
  そのあと島内にある「うめ心」の出張お蕎麦の会で舌鼓。  (Click!) 
   
2・村上製本による製本教室. 7月15日(日)松本市おっとぼけ美術館にて。
  詳しくはcoming soon.

3・PomPomとものみゆさん(徳島県)による、野外ワークショップの会. 
  7月22日(日)。 参加費3500円。こちらも詳しくはcoming soon.

みなさま、頭の片隅に入れてふるってご参加下さい。
ご予約、詳しい内容は私に直接問いあわせていただいてもかまいません。
sumirekenqsho30@zb3.so-net.ne.jpまでよろしくお願いします。

Img_5f361e4757a9232fee9b0ff1fcf908fe

夏のような晴天の2日間。
クラフトフェアまつもとにお越しのみなさま
暑い中、ありがとうございました。
今年はいつも以上に窯炊きが遅れていて・・・。
23日(水)に窯だしをし、できたてほやほやのものも持参しました。
イラストを描いたクラフトフェアの手ぬぐいも、当日受付で販売しているのを
はじめて見て、ちょっと線が細かったかなと不安になりましたが
初日に完売したとのことでほっとしました。
ボランティアスタッフの信大生、翼くんの、私のブースと手ぬぐいイラスト
への評価が的確で、とても勉強になりました。
私の今年の戦利品。
・守田詠美さんの真鍮のスプーン
・鉄塔写真家ふじのえみこさんの鉄塔トートバック

Img_6a598784ce6c1193fc6e68e2b404f854
Img_c57b6afab6239dabad7874bfe9d000e9
Img_d40901f2a83fe0fac2bf2e7eab36204e

「七夕ネバーランド」出演者の面々です。
社長からごっこ社ツイッターでつぶやくよう指示が
出たのでつぶやきました。
あまり慣れないツイッターのいろんなボタン。
押すと魂が抜かれてしまうと思っているのは
私だけだろうか?
Img_0f108e9fe26fe5c0801573d68035bb15

15日(火)からはじまる喫茶ヤマベボッサの
「七夕ネバーランド」の搬入にいってきました。
私は当日用意された張り子に絵つけをし、社長と緑子ちゃんは
作品の飾りつけ、そして信濃毎日新聞の取材もあり、ふーっ
と一息つけたころは夜の8時を過ぎていました。
早く終わったらあれも見ようこれも見ようと思っていたけれど
欲張った考えははなからもってはいけないのです。
湧き水だけはどんなに遅くなろうとも汲んで帰りました。
写真は試作段階の七夕人形。
展示の写真も近々アップしますね。
ボッサの空間がちょうどいい楽しい展示になりました。

ぽー、ぽー、ぽっぽー。
ポー、ポー、ポッポー。
会場でお得意の山鳩の鳴き声を披露できないのはざんねんですが
ぜひ足をお運び下さい。
季節は山鳩からカッコーに。



Img_3809ea4194f114af24e2510893684e0e

編集にたずさわっているクラフトフェアまつもと
の機関誌「掌」が今年も発行できました。
「うんうん」と優秀な編集者の意見にうなずき
引っぱってもらっている感いっぱいの私の編集作業ですが
手前味噌ながら読み応えのある一冊になりました。
購入は取り扱い店から直接買う事もできますし
クラフト推進委員会のサイトからも。
今号で取材も受けてもらったiichiサイトからも
買う事ができます。
理想は月刊「ねじ」?
 (Click!) 
 (Click!)